エーモン/[2850]エンジン連動ON-OFFユニット/製品詳細ページ

エーモンホーム > 製品一覧 > LED > LED制御ユニット > エンジン連動ON-OFFユニット

LED制御ユニット

【2850】エンジン連動ON-OFFユニット

■エンジン始動・停止を検知して、LEDを自動でON-OFFできる
■バッテリーにつなぐだけのカンタン配線
■ハイブリッド車にも対応(一部車両を除く)

【仕様】
・DC12V車専用
・出力可能電流:500mA
・コードの太さ:0.3sq
・コードの長さ:500mm
・使用可能温度:-20〜80℃
・バッテリー接続端子付:丸型6φ用 / U型6φ用

【内容物】
・エンジン連動ON-OFFユニット(バッテリー接続端子付):1個

  • 製品コード 2850
  • 製品名エンジン連動ON-OFFユニット
  • JANコード4905034028500
 

取り付け・使用方法

当製品は一部の車両で、エンジン始動・停止の検知ができない為、使用できません
使用できない車両については下記よりご参照ください

エンジン連動ON-OFFユニットが使用できない車両について
エンジン連動ON-OFFユニットが
使用できない車両について
(pdf 191KB)





▲『エンジン連動ON-OFFユニット』取付け手順を詳しくご紹介

台紙情報

 

台紙情報

 

台紙情報

 

この製品をご購入・ご使用頂いたお客様の感想

新規コメントを書く

ホンダフィット3は正常にさどうしました
2015/10/23  投稿者:角   おすすめレベル:★★★★★
ホンダF3は、プリウスと同じONの位置で正常に作動しましたよ。

逆にB位置だとエンジン走行時のみ点灯しかしませんでした。
スイッチを押すのが面倒な人にはおすすめですね。
2015/04/07  投稿者:一宮 禎仁   おすすめレベル:★★★★
以前はNo1858ワイヤレススイッチセットを使用していました。
スイッチ側の電池が無くなってから使っていなかったのでこちらの商品も気になっていたので購入。

エンジン連動なので間違いなくデイライトは付いてます。

ただ夜間に消したいときはエンジンを切らなければライトも消えないのでスイッチがあったらいいなと思い星4です。
デイライトに使用
2015/03/02  投稿者:てる   おすすめレベル:★★★★★
全く知識が無くてもホムペや台紙の説明を見れば出来るわかりやすさです。
動作状態
2015/01/29  投稿者:tomzu   おすすめレベル:★★★★★
ダイハツムーブ2012年製に使用しています。

リモコンキーによるドアロック解除後 約2秒程点灯します。
アイドリングストップでエンジンが停止しても点灯したままです。
簡単です
2014/05/01  投稿者:無限   おすすめレベル:★★★★★
最近の車は「、アクセサリーからエンジンルームに電源を取る際
エンジンルームは込み合っていて、簡単には配線できません、
ショップに頼むと1万円ぐらいはかかりますが、これは2本の配線を
バッテリーから取れば、簡単にディライト用の電源が取れます
リレーがどれだけの、待機電流があるかわかりませんが、最近のハイブリッドのも対応していて、ディライトの電源取りに、是非使いたい商品です、今一つはイカリングに使用しています、スモールで電源が切れる、エーモン 1246 リレー 5極を使用しています、もうひとつ購入して、アイラインのディライトに使用したいです。
デイランプ用に使用しました。
2014/03/15  投稿者:RB3オデッセイ乗り   おすすめレベル:★★★
LED-ミニ管ヒューズー連動ユニットと接続しました。
LED取付位置選定や配線取り回しを考えながらやったので、作業は1時間弱。

最初ユニットをエンジンから離れた場所に取り付けしたところ,周期的に点滅しました。
ユニットをエンジンに近づけると連続点灯状態になったので,ステーをつけネジ止めし、余ったバッテリー接続線をまとめて作業完了です。
これは便利です!
2013/05/23  投稿者:ひろりん   おすすめレベル:★★★★★
今までは室内からの配線をしなければいけなかったものが、バッテリーにつなぐだけでエンジンに連動してスイッチのON・OFFができてしまうのは本当に便利です。ありがとうございました。
応用がききます
2013/05/20  投稿者:mako   おすすめレベル:★★★★★
LEDと組み合わせるだけではなく、他の用途にもおすすめです。

容量は考えないといけませんが、何しろ小さくてバッテリーの近くに貼り付ければばっちりです。目立たなくていい。

ただ、ヒューズなどは入っていないので、LEDと組み合わせる場合は、ヒューズも購入することをお忘れなく。