社員インタビュー

INTERVIEW

エーモンに入社を決めた理由は?

元々パッケージのデザインに興味があったのですが、新卒で最初から携わらせてもらえる会社はなかなかありません。安定した企業に就職したいけど、職種も妥協したくない・・と思っていた時、たまたまインターネットで見かけたのがエーモンでした。クルマについての知識は全くなかったので不安もありましたが、希望に近い職種に就けること、さらに、ものづくりにおける製品の企画・開発・パッケージ・販促・営業活動までの流れを全て社内で作り上げていくところに惹かれて入社を決めました。

仕事内容を教えてください

製品開発部のデザイン課に所属しており、自社製品のパッケージ設定をおこなっています。実際にどんな雰囲気の店頭に並ぶのか、そこで目立つデザイン、お客様が選ぶときに必要な情報、製品を保護できる包装形態、コスト面・・・など、様々なことを考え検討しながら業務を進めます。その過程では、部署を超えて相談に乗ってくれる先輩方に情報やアドバイスをいただいていつも助けてもらっています。また最近では、パッケージだけでなく新製品などのプロダクトデザインも開発課のみなさんと一緒に考えたりすることもあります。

やりがいを感じるときは?

やはり「店頭に並んだ製品を見た時」です。製品は企画が始まってから実際に店頭に並ぶまで長い工程がありますが、いざ店頭で実際に並んでいる姿を見ると、とても嬉しくなります。それが全国数千店舗に並んでいると思うと尚更ですね。
あとは、誰かに褒めてもらえたとき。(笑) 実際にパッケージへのお客様の評価を知ることは難しいのですが、社内外の身近な人に褒めてもらえると嬉しいですし「もっと頑張ろう!」という気持ちになります。頑張ったことは認めてもらえるので、モチベーションの維持に繋がっています。

夢や目標はありますか?

大きい夢ですが、ゆくゆくは社内で独立したデザイン部門があったらな、と考えています。パッケージに関わらず、デザインが関わることならココ!というような旗艦部署。社内の案件が落ち着いた時には外部から仕事を受けたりと、柔軟にクリエイティブな仕事ができたらもっと楽しいんじゃないかと思います。そのためにも、もっと経験を積んでスキルアップしながら新しいことにチャレンジしていきたいです。

職場の雰囲気や社風を教えてください。

若手でも積極的に発言させてもらえたり、意見を組み入れてもらえることも多々あり、和気あいあいとした職場です。その分、自ら積極的に考えて動き発言していくことが大切ですね。また課・部門を超えてコミュニケーションを大事にしており、ボウリング大会、キャンプにBBQなどなどたくさんのイベントが開催されます。基本は参加自由ですが毎回多くの方が参加され、普段あまり接点のない部署の方ともすぐに仲良くなれるので、普段の業務でもスムーズに連携がとりやすくなります。

就職活動をされている皆様へメッセージをお願いします。

入社して実感しているのは、「自分が頑張れる仕事であること」・「頑張れる環境があること」の大切さです。少しでも自分の「好き」に関われる仕事を選び、自ら選んだという責任を持ち一生懸命頑張れば、きっとやりがいのある仕事と充実した日々が待っています。
でも「頑張れる環境」がないと、「好き」だけではどうにもなりません。環境という言葉が何を指すのかは、人・制度・設備 など個人の価値観によって変わってくると思います。人生の中で最も長い時間を過ごすことになるかもしれない会社に、自分はどんな環境を求めるのか。自分と冷静に向き合って考えてみてください。

社員インタビュー

INTERVIEW

社員インタビュー

一覧に戻る